再建築不可物件で住み続けるための工夫とは?

再建築不可物件で住み続けるための工夫とは?

再建築不可物件では、その場所に新たに住居等の建物を新築することができないことになっています。
しかし現在の建物はそのまま住み続けることができるため、これを活かすことがそのための工夫となります。
具体的には現在の住宅を維持管理し、適切な状態にすることが最も良い方法であり、またその価値を失わないためにも重要なポイントとなっています。
再建築不可物件の詳細の定義では、新たにその土地に建物を建てることができないものとなっており、既存の建物についてはそのまま利用することができるため、新築をしなければ良いと言うことになります。
一般的にリフォームやリノベーションは新築扱いではなく、現在の建物の修繕扱いとなるので、これを行うことによってその場所に住み続けることができるようになるため、この範疇で効果的に維持管理をすることが重要です。
建築基準法における新築を行わなければ良いと言うことになるため、土台を効果的に生かしたリノベーションであっても、新築とはみなされず住むことができるようになります。

再建築不可物件をリフォームして住むことは可能

世の中にある再建築不可物件の多くは、その敷地が建築基準法に定められている道路に一定以上の長さで接するというルールから外れていることが理由です。
これは単純にもとのオーナーが法律を無視して勝手に新築してしまったことが理由の場合もありますし、法律の改正以前の新築であるために現行の法律の規定を満たさなくなってしまった場合もあります。
いずれにしても現在の法律で建築許可を受けることはできませんので、建物を除却し更地にした上で新しい建物を新築したり、既存の建物でも増築や改築はできないということになります。
しかしこのような再建築不可物件であっても、法律の範囲内で可能なリフォームはあり得ます。
柱などの構造には触れずに内装や設備を新しいものに一新したり、間取りを変更したりすることは可能です。
リフォームを通じて最新の設備を採用したり、ライフスタイルにあった間取りを手にすることにより、再建築不可物件であっても快適な暮らしを営むことができるようになります。

再建築不可物件に関する情報サイト
再建築不可物件を知ろう

このサイトでは、再建築不可とは何を意味するものなのか、初めてこのような状態の家の事を聞いた人でも分かりやすく解説しています。建築許可を得ることができないのが再建築不可物件で、一般的な不動産と比べても価格が安い、これは都内でも同じなのかなど疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。また、売却をせずに自ら住み続けたい人も多いかと思われますが資産価値などを含め住み続けるための工夫についても触れているので参考にされることをおすすめします。

Search